カフェイン,ドーパミン,出す,効果,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

カフェインはドーパミンを出す効果がある

これは意外と知られていない事実ですが、カフェインはドーパミンを出す効果があります。

 

 

カフェインは世界中で最も使用されているドラッグと言われており、集中力を高めて倦怠感をなくしてくれるので「仕事や勉強に集中したい人に向いている」という特徴があります。
カフェイン,ドーパミン,出す,効果,

 

コーヒーを飲むとなぜ集中力が高まるのか?

 

 

こちらの記事はコーヒーと集中力の関係について詳しく記載されています。

 

 

 

ドーパミンを出すために必要となるのは精力的な行動です。人は行動することによって脳内からドーパミンが出るので、良い気分に浸ったり気持ち良くなったりしたければ「実際に行動して勉強したり仕事したりするのが良い」のです。

 

 

 

だから脳内麻薬の観点から見るとダラダラして動かないのは害なんですよ。

 

 

ダラダラしているとドーパミンは分泌されません。それはカフェインを摂っても同じで、いくらカフェインがドーパミン分泌に良い存在でも実際に行動しないと効力は半分です。

 

 

 

そのため、とても人生が気持ち良くなって楽しくなる方法をあなただけに伝授します。

 

 

 

それはカフェイン剤を飲んで仕事や勉強をすることです。

 

 

 

ドーパミンを出したければ実際に行動するのが良いのですが、カフェインを摂取することによって更にドーパミンが出やすくなります。大体カフェインが効いてくるのはカフェインを摂取してから30分後。

 

 

 

カフェイン剤を飲んですぐに仕事や勉強にとりかかった場合、10分から15分程度で「ハイになる感覚」を味わうことができます。これだけでも十分気持ちが良いのですが、カフェイン効果によってドーパミンが更に分泌されたときは最高です。

 

 

 

まるで違法ドラッグを使用しているような感覚に陥るため、本当に気持ち良くなりたい人は「カフェインを摂って実際に行動を起こし、ドーパミンを分泌する」のが良いと思ってください。これは仕事や勉強に集中していればしているほど気持ち良くなれるのです。

 

 

 

私は1日15時間ほど働いていますが、なぜこんなハードワーキングができるかというとカフェイン剤を使用しているからです。

 

 

カフェインがドーパミンを増やすというのはハーバード大学リサーチフェローの大西睦子医師が述べている真実です。

 

 

ソース カフェインでポジティブになる!

 

カフェイン,ドーパミン,出す,効果,

 

 

66人の健常者に対して実験を行ったところ、カフェインがドーパミンの分泌を促すことが判明ました。コーヒーを飲むとドーパミンの作用で脳がポジティブな意味合いの言葉を早く処理できることが分かったのです。

 

 

つまり、カフェインを摂るとドーパミンが分泌され、学習能力や仕事の集中力もアップするということですね。

 

 

 

ただ、カフェインも摂り過ぎは厳禁です。

 

 

 

私は一度カフェインで失敗したことがあり、「こんなにハイになって気分が良いのならもっと多くの量を飲んだ方が良いのではないか?」とカフェイン剤を沢山飲んだことがあります。

 

 

 

結果は大失敗。

 

 

 

カフェインは摂り過ぎると逆にネガティブになってしまうのです。何をしても面白くないですし、自分には完全に存在価値がないとネガティブ思考ばかり襲ってきました。これはカフェインの摂り過ぎによるネガティブ症状です。

 

 

 

そのため、カフェインを摂るときは「適量」を心がけてください。自分の体に合った量のカフェインを摂ればドーパミンがドバドバ分泌されてとても気持ち良くなるので、カフェインはここぞというときに使いましょう。

 

 

 

 

最後に私がよく使用しているカフェイン剤をご紹介させていただきます。

 

 

【3個セット】カフェイン 200mg 100粒[海外直送品]

新品価格
¥3,000から
(2015/10/29 04:35時点)

 

 

 

コストパフォーマンスが良いカフェイン剤はこちらですね。私が探した限り値段と比較してカフェイン剤の量がとても優れていたので、安くて口コミ評価の高いカフェイン剤を飲んでドーパミンを出したければこのカフェイン剤が良いですよ。

 

カフェイン,ドーパミン,出す,効果,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンを増やす超簡単な6つの方法
ドーパミンを増やすのはとても簡単です。ドーパミンを増やすために役立つ情報をあなたに伝えます!
L-ドーパがドーパミンを増やすのに効果的!
L-ドーパはドーパミンを増やすのに大変効果的です。L-ドーパの成分がたくさん含まれているのはムクナ豆です。
ドーパミンを増やす薬は違法薬物がほとんど
ドーパミンを増やすために薬を飲むのはオススメできません。なぜならば違法薬物がほとんどだからです。
自分でドーパミンをつくる方法
自分でドーパミンをつくりたければ、ドーパミンの原料となる栄養素を摂るのが大切です。食事やサプリメントが鍵を握ります。
L-ドーパは食べ物であれば副作用はない!
L-ドーパは薬ではなく、食べ物から摂取すれば副作用はありません。ムクナ豆はL-ドーパが多く含まれていますが、副作用の報告はないのです。
仕事のやる気が出ないのはドーパミンが不足しているから
仕事のやる気がないという人が多いのですが、そういう人の大半はドーパミン不足です。
ドーパミンを増やしてくれる6つの食べ物まとめ
ドーパミンを増やしてくれる食べ物をまとめました! ドーパミンを増やしたい人は必見です。
瞑想はドーパミンを増やす効果を持つ
瞑想はドーパミンを増やしてくれる働きを持ちます。ドーパミンを気軽に出したければ瞑想を行うのが良いです。
アルコールを摂るとドーパミンは増える
アルコールを摂取するとドーパミンは増えます。ドーパミンが増えると楽しくなって快感を味わうことができますが、ドーパミンのせいでアルコール依存が発生していると捉えることもできます。
タバコを吸うとドーパミンが出てやめられなくなるのは本当
タバコを吸うとドーパミンが出てしまいます。ドーパミンが出るとタバコを吸うと気分が良くなり、また吸いたくなるのです。
ニコチンはドーパミンを分泌する働きを持つ
タバコを吸っているとタバコに依存してしまうのは、喫煙によってドーパミンが放出されるからです。
ドーパミンの出し方で一番良い方法
ドーパミンを出すのに一番良いのは行動することです。行動するのが面倒くさいと感じる人はサプリメントを飲みましょう。
ドーパミンを増やすメリットってなに?
ドーパミンを増やすメリットは一体何なのでしょうか? 実はドーパミンは日常生活に役立つ非常に有用な効果が多く存在しているのです。
ドーパミンの分泌量を増やす方法ランキング!
私が自分自身で感じたドーパミンの分泌量を増やす方法をランキングにしました!
ドーパミンが最高に出るときは?
ドーパミンが最高に出るときは、ドーパミン分泌サポートサプリのラーニングアップを飲んだときですね!
ドーパミンを最も多く出せる方法はこれ!
ドーパミンを最も多く出せる方法をご紹介しています。ちなみに、安心安全な方法なのでご安心くださいませ。