ドーパミン,ニコチン,分泌,働き,持つ,放出,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ニコチンはドーパミンを分泌する働きを持つ

あなたはタバコを吸って幸せを感じたことはありますか?

 

 

ドーパミン,ニコチン,分泌,働き,持つ,放出,

 

実はタバコを吸うことによって幸福感を抱くことができるのはドーパミンが発生しているからです。といってもタバコを吸い続けているといずれ幸福感はなくなるんですけどね。これはマンネリ化したことにより、ドーパミンが放出されなくなるからです。

 

 

 

私は喫煙者でした。

 

 

今はタバコを全く吸っていませんが、タバコを吸っているときは義務感でした。ニコチンには依存症があるので最初はドーパミンが放出されて幸せな気分に浸ることができたのですが、次第にこれが依存になってくるのですね。

 

 

 

例えばたまにタバコを吸うと強い幸福感を味わうことができます。

 

 

たまにタバコを吸ったときに幸福感を覚えることができるのはニコチンの作用によるものです。ニコチンは非常に強力で、タバコを吸ったらニコチンが補給されて無理やり脳のドーパミンを放出させるのです。

 

 

そのため、タバコを吸うと落ち着いたり良い気分になったりするのは「ドーパミンが原因」だと言えます。これがニコチンに依存症がある一つの原因になります。

 

 

 

 

これって麻薬とシステムは変わらないんですよね。

 

 

麻薬にハマって抜け出せない人が続出しているのはドーパミンが発生しているからです。

 

 

タバコにハマって抜け出せない人が続出しているのも、ドーパミンが発生しているからです。

 

 

依存の原因の大半はドーパミンだと思ってください。ドーパミンは有効に活用するととても大きな効果を発揮してくれますが、覚醒剤やタバコの依存の原因になってしまうのが最大のデメリットです。

 

 

 

そのため、人生で幸せを掴みとりたければ薬物やタバコに依存しないでドーパミンを分泌することです。

 

 

 

先ほども申し上げたとおり、ドーパミンが分泌されると強い幸福を覚えて幸せな気分に浸ることができます。それが原因で麻薬に溺れてしまう人も多いのですが、発想を転換させましょう。

 

ドーパミン,ニコチン,分泌,働き,持つ,放出,

 

自分でドーパミンを出せば合法で、誰にも縛られることなく幸せになれるのです。

 

 

 

幸いにもドーパミンは薬を飲んだりタバコを吸ったりしなくても分泌することが可能です。自分のやりたい仕事をしたり、精力的に遊んだりしているとドーパミンはドパドパ分泌されます。

 

 

「自分のやりたい仕事をやる」というのはとても効果的です。

 

 

 

仕事をしている間は作業に集中しているのでドーパミンが分泌されます。ドーパミンが分泌されると今行っている仕事がどんどん楽しくなってくるため、一種の麻薬効果があると言えるでしょう。

 

 

 

タバコがやめられない人はドーパミンが原因なので、他のことをしてドーパミンを分泌するのが良いです。タバコ以外でドーパミンを分泌する機会が少ない人ほど、タバコに依存してしまうのです。

 

 

 

私がそうでした。

 

 

タバコの本数が増えるときは決まって何もすることがないときなのです。なぜ何もすることがないときにタバコを吸うかというと、「暇だから」という理由もあると思いますが、他に何もすることがなくてドーパミンを分泌する機会がないからです。

 

 

 

ドーパミンが分泌される機会がないと脳は退屈だと感じ、新しい刺激を求めます。

 

 

そして安易にドーパミンが分泌されるタバコを吸うという図式が始まるのです。ヘビースモーカーはニコチンに依存している証明ですが、裏を返せば他にドーパミンを分泌することがないから喫煙にハマってしまうのです。

 

 

 

そのため、ニコチンに依存している人は「他のことでドーパミンを分泌する」というのを心がけてください。私はこれでタバコをやめることができたので参考にして頂けると幸いです。

 

ドーパミン,ニコチン,分泌,働き,持つ,放出,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンを増やす超簡単な6つの方法
ドーパミンを増やすのはとても簡単です。ドーパミンを増やすために役立つ情報をあなたに伝えます!
L-ドーパがドーパミンを増やすのに効果的!
L-ドーパはドーパミンを増やすのに大変効果的です。L-ドーパの成分がたくさん含まれているのはムクナ豆です。
ドーパミンを増やす薬は違法薬物がほとんど
ドーパミンを増やすために薬を飲むのはオススメできません。なぜならば違法薬物がほとんどだからです。
自分でドーパミンをつくる方法
自分でドーパミンをつくりたければ、ドーパミンの原料となる栄養素を摂るのが大切です。食事やサプリメントが鍵を握ります。
L-ドーパは食べ物であれば副作用はない!
L-ドーパは薬ではなく、食べ物から摂取すれば副作用はありません。ムクナ豆はL-ドーパが多く含まれていますが、副作用の報告はないのです。
カフェインはドーパミンを出す効果がある
コーヒーに含まれているカフェインはドーパミンを出す効果があります。ドーパミンを手軽に出すためにカフェインは有効ですね。
仕事のやる気が出ないのはドーパミンが不足しているから
仕事のやる気がないという人が多いのですが、そういう人の大半はドーパミン不足です。
ドーパミンを増やしてくれる6つの食べ物まとめ
ドーパミンを増やしてくれる食べ物をまとめました! ドーパミンを増やしたい人は必見です。
瞑想はドーパミンを増やす効果を持つ
瞑想はドーパミンを増やしてくれる働きを持ちます。ドーパミンを気軽に出したければ瞑想を行うのが良いです。
アルコールを摂るとドーパミンは増える
アルコールを摂取するとドーパミンは増えます。ドーパミンが増えると楽しくなって快感を味わうことができますが、ドーパミンのせいでアルコール依存が発生していると捉えることもできます。
タバコを吸うとドーパミンが出てやめられなくなるのは本当
タバコを吸うとドーパミンが出てしまいます。ドーパミンが出るとタバコを吸うと気分が良くなり、また吸いたくなるのです。
ドーパミンの出し方で一番良い方法
ドーパミンを出すのに一番良いのは行動することです。行動するのが面倒くさいと感じる人はサプリメントを飲みましょう。
ドーパミンを増やすメリットってなに?
ドーパミンを増やすメリットは一体何なのでしょうか? 実はドーパミンは日常生活に役立つ非常に有用な効果が多く存在しているのです。
ドーパミンの分泌量を増やす方法ランキング!
私が自分自身で感じたドーパミンの分泌量を増やす方法をランキングにしました!
ドーパミンが最高に出るときは?
ドーパミンが最高に出るときは、ドーパミン分泌サポートサプリのラーニングアップを飲んだときですね!
ドーパミンを最も多く出せる方法はこれ!
ドーパミンを最も多く出せる方法をご紹介しています。ちなみに、安心安全な方法なのでご安心くださいませ。