ドーパミン,仕事,やる気,不足,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

仕事のやる気が出ないのはドーパミンが不足しているから

仕事のやる気がでないと悩んでいる人は大変多いです。

 

ドーパミン,仕事,やる気,不足,

 

しかし、仕事のやる気がでないのはドーパミンが不足している可能性が高く、逆に言えばドーパミン不足さえ解消すれば仕事のやる気を向上させることが可能です。

 

 

 

 

そもそもドーパミンは仕事の集中力に深く関わっている脳内物質で、ドーパミンが分泌されていないと絶対に仕事のやる気は出ないと思ってください。

 

 

 

社内や同僚に仕事のやる気がある人がいらっしゃると思いますが、そういう人はドーパミンが出ているからやる気があるのです。なぜその人はドーパミンが出ているかというと、ドーパミンが分泌されやすい体質であるからです。

 

 

 

ドーパミンが分泌されにくい人は確実にいます。

 

 

例えば何をしても楽しめなかったり、目標意識がなかったり目的が定まらなかったりする人はドーパミンが分泌されにくいです。こういう人はうつ病であることが多いのですが、うつ病の人はドーパミンが分泌されないから物事がつまらないと感じるのです。

 

 

 

仕事もそうです。

 

 

 

仕事のときは憂鬱な気分になりませんか? 憂鬱な気分でも仕事に取り組むと次第に集中力が増して頑張ることができるのですが、これはドーパミンが分泌されているからです。ドーパミンが分泌されるまでに10分から15分の時間がかかるため、仕事のやる気を上げたければ無理やりでも10分は仕事に取り組むという意識を抱いてください。

 

 

 

 

しかし、それができない人もいらっしゃいます。

 

 

 

どうしてもやる気が上がらず、やる気を出すのは絶対に無理!というときもよくあります。それはよく分かります。私も同じ悩みを抱えていましたから。

私はこうして仕事の悩みを解消できた

私はドーパミンを分泌することによって仕事のモチベーションを上げることができました。

 

 

 

特別なことは何もしていません。ただ追い込まれたから仕事のやる気が上がっただけです。

 

 

私は追い込まれるまで仕事のやる気が出ない人間なのですが、どうしても納期が迫ってくると追い込まれます。追い込まれた時に初めて分泌されるドーパミンも存在し、「夏休みの終わりに熱心に宿題に取り組む」のは追い込まれて初めてドーパミンが増加した証拠です。

 

 

 

そのため、仕事のやる気がでないのはただ単に追い込まれていないという可能性が高いです。

 

 

また、仕事に取り組み続けると凄くドーパミンがされやすくなります。先ほどドーパミンが分泌されやすい人とされにくい人がいると述べましたが、ドーパミンが分泌される人ほどハードワークをこなしています。

 

ドーパミン,仕事,やる気,不足,

 

 

なぜハードワークをこなせるかというと、「仕事をすることによってドーパミンを分泌することが多いから、仕事中毒になっている」としか言いようがありません。日本電産の社長も70歳過ぎて1日16時間毎日休みなしで働いていますが、これも完全に仕事中毒です。

 

 

仕事中毒の人は仕事をすることによってドーパミンがドパドパ分泌されるのです。

 

 

 

これが大きなメリットです。

 

 

 

だから1日16時間も仕事をすることができるのです。自ら率先して長時間労働をしている人は我慢して労働をしているのではなく、仕事そのものを楽しんでいるのです。楽しむというのはドーパミンをドパドパ分泌するための重要要素になるため、仕事を楽しむことを心がけるのが良いです。

 

 

 

でも、そんなことを言われても仕事はなかなか楽しめませんよね。

 

 

 

分かります。その気持ちは凄く分かります。私も仕事が楽しくない時期がありましたし、そういうときは全然モチベーションが上がりませんでした。だからこそドーパミンを出した方が良いのです。

 

 

 

ドーパミンがでればつまらない仕事も面白く感じ、仕事のやる気も上がります。

 

 

私がそうでした。私が行っている仕事はルーチンワークで文章を書き続けることが大半で、1日に1万5000字以上書くのが普通です。一日中パソコンの前に座り込んで引きこもってキーボードをカタカタしているのを見たら、多くの人は「こいつ、つまらない人生を送ってるなー」と感じるでしょう。

 

 

 

でも、それで良いのです。

 

 

 

いくらつまらない作業でもドーパミンが分泌されれば楽しくなります。一日中引きこもって仕事をしている状態でもドーパミンさえ出れば楽しくなるのです。

 

 

 

私はラーニングアップを飲んでドーパミンの原料となる栄養素を補給しているから、かなりドーパミンを出しやすい体質です。以前は全くそんなことはなかったのですが、ドーパミンを普段から出すように心がければドーパミンが出やすい体質になるのであなたも試してみてください。

 

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

ドーパミン,仕事,やる気,不足,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンを増やす超簡単な6つの方法
ドーパミンを増やすのはとても簡単です。ドーパミンを増やすために役立つ情報をあなたに伝えます!
L-ドーパがドーパミンを増やすのに効果的!
L-ドーパはドーパミンを増やすのに大変効果的です。L-ドーパの成分がたくさん含まれているのはムクナ豆です。
ドーパミンを増やす薬は違法薬物がほとんど
ドーパミンを増やすために薬を飲むのはオススメできません。なぜならば違法薬物がほとんどだからです。
自分でドーパミンをつくる方法
自分でドーパミンをつくりたければ、ドーパミンの原料となる栄養素を摂るのが大切です。食事やサプリメントが鍵を握ります。
L-ドーパは食べ物であれば副作用はない!
L-ドーパは薬ではなく、食べ物から摂取すれば副作用はありません。ムクナ豆はL-ドーパが多く含まれていますが、副作用の報告はないのです。
カフェインはドーパミンを出す効果がある
コーヒーに含まれているカフェインはドーパミンを出す効果があります。ドーパミンを手軽に出すためにカフェインは有効ですね。
ドーパミンを増やしてくれる6つの食べ物まとめ
ドーパミンを増やしてくれる食べ物をまとめました! ドーパミンを増やしたい人は必見です。
瞑想はドーパミンを増やす効果を持つ
瞑想はドーパミンを増やしてくれる働きを持ちます。ドーパミンを気軽に出したければ瞑想を行うのが良いです。
アルコールを摂るとドーパミンは増える
アルコールを摂取するとドーパミンは増えます。ドーパミンが増えると楽しくなって快感を味わうことができますが、ドーパミンのせいでアルコール依存が発生していると捉えることもできます。
タバコを吸うとドーパミンが出てやめられなくなるのは本当
タバコを吸うとドーパミンが出てしまいます。ドーパミンが出るとタバコを吸うと気分が良くなり、また吸いたくなるのです。
ニコチンはドーパミンを分泌する働きを持つ
タバコを吸っているとタバコに依存してしまうのは、喫煙によってドーパミンが放出されるからです。
ドーパミンの出し方で一番良い方法
ドーパミンを出すのに一番良いのは行動することです。行動するのが面倒くさいと感じる人はサプリメントを飲みましょう。
ドーパミンを増やすメリットってなに?
ドーパミンを増やすメリットは一体何なのでしょうか? 実はドーパミンは日常生活に役立つ非常に有用な効果が多く存在しているのです。
ドーパミンの分泌量を増やす方法ランキング!
私が自分自身で感じたドーパミンの分泌量を増やす方法をランキングにしました!
ドーパミンが最高に出るときは?
ドーパミンが最高に出るときは、ドーパミン分泌サポートサプリのラーニングアップを飲んだときですね!
ドーパミンを最も多く出せる方法はこれ!
ドーパミンを最も多く出せる方法をご紹介しています。ちなみに、安心安全な方法なのでご安心くださいませ。