ドーパミン,基礎知識,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミンの基礎知識記事一覧

ドーパミンとは一体何なのか?

ドーパミンとは一体何なのでしょうか?この疑問を持った人も多いと思うので、この記事で詳しく分かりやすく解説させて頂きます。ドーパミンってなんですか? 美味しいの?いいえ、美味しくありません。ドーパミンは神経伝達物質で、やる気を出したり意欲を作ったり集中力を増やしたりする効果を持ちますたまに何に対しても...

≫続きを読む

ドーパミン過剰は場合によっては危険

ドーパミンを増やすのはやる気を上げるためにとても重要となるのですが、ドーパミンが過剰に分泌されすぎるのも時と場合によっては危険です。仕事に対してドーパミンが分泌されるのは良いんですよ!仕事をしているときにドーパミンが分泌されると集中できますし、意欲を持って取り組むことができます。むしろ本気になりたけ...

≫続きを読む

ドーパミンとセロトニンの違い

ドーパミンとセロトニンの違いについて簡単に解説させて頂きます。ドーパミン・やる気を出す物質である・ドーパミンが発生されないと何も行動できなくなる・ドーパミンは行動している内に分泌される・ドーパミンが分泌されると快楽を感じる・ドーパミンが分泌されすぎると快楽を求めるあまり、収拾がつかなくなる(薬にハマ...

≫続きを読む

ドーパミンとうつ病には密接な関係がある

ドーパミンとうつ病には密接な関係が存在します。実はドーパミンが不足するとうつ病になるという説があります。これはまだ仮説の段階なのですが、モノアミン仮説という仮説では以下のように定義づけられています。ノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンが不足するとうつ病を発症してしまうという神経科学上の仮説になり...

≫続きを読む

ドーパミンが出ると楽しくなる!

人生がつまらない、仕事がつまらないという人はとても多くいらっしゃいます。その悩み、ドーパミンで全て解決しますよ。私も仕事や人生が糞つまらないと感じていた時期があったのですが、とある体験をしてから「人間は脳内物質に支配されている生き物なのだ」という確信を持つことになりました。これは冗談じゃなくてマジで...

≫続きを読む

ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?

ドーパミンを抑えるメリットはあるのでしょうか?ドーパミンは勉強や仕事の集中力を上げるのにとても重要となる脳内物質ですが、ドーパミンを抑えた方が良い場面は例外的に存在します。それは悪いことにハマってしまうときです。例えばパチンコ。パチンコ依存症になってしまってパチンコがやめられない人は多々いらっしゃい...

≫続きを読む

ドーパミンの作用はどうなっているのか?

ドーパミンの作用はどうなっているのでしょうか?昔の研究では、「ドーパミンは目標を達成したときに分泌されるもの」だと考えられていました。しかし、最新の研究結果によって行動しているときにもドーパミンが分泌されていることが分かったのです。人間は欲があるので何かを手に入れようと必死です。何かを手に入れるため...

≫続きを読む

ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴

ドーパミンとアドレナリンは似ているようで違います。簡単に解説すると、ドーパミンは行動したときに生まれる脳内物質で、行動力の原点となるホルモンです。アドレナリンは「闘争か逃走(fight or flight)のホルモン」と呼ばれています。交感神経が興奮した状態のときにアドレナリンが分泌され、動物から身...

≫続きを読む

エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか

エンドルフィンとドーパミンは何が違うのでしょうか?違いを簡単にまとめたので、参考にしてください。ドーパミンの特徴・やる気を出すための成分・行動しているときに分泌される・ドーパミンが分泌されると集中力が増す・意欲を高め、集中力を上げて仕事や勉強を楽しむために必須なのがドーパミンドーパミンは行動している...

≫続きを読む

やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!

やる気を出すにはどうしたら良いのでしょうか?一番手っ取り早い方法を伝授しますと、ドーパミンを増やすしかありません。私も色々と調べてみたのですが、結局人間はドーパミンが分泌されないと全然やる気を出さない生き物なのです。ドーパミンが出るからやる気が出て、精力的に行動できる。たったそれだけです。人間はとて...

≫続きを読む

脳とドーパミンはどのような関係があるのか?

脳とドーパミンはどのような関係があるのでしょうか?そもそもドーパミンというものは脳から分泌される神経伝達物質です。やる気に関係の不快神経伝達物質がドーパミンと言われており、脳とドーパミンは深い関係があるのです。いつもやる気がみなぎっており、精力的に活動している人の大半はドーパミンが出やすい体質です。...

≫続きを読む

パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン

パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。パーキンソン病はとても深刻な病気で、パーキンソン病の症状が悪化してしまうと寝たきりになってしまったりうつ病になったりしてしまいます。パーキンソン病を根本的に治す方法は現代医学ではまだ解明されていませんが、パーキンソン病の進行を遅らせる方法は存在します。...

≫続きを読む

恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?

恋愛ドーパミンとは、恋愛することによって増えるドーパミンです。ドーパミンは自分の好きなことをしていると増えるのですが、恋愛は「好きな相手がいる」ということになるため、恋愛をする人ほど恋愛ドーパミンが増えるのですね。そのため、ドーパミンを増やす方法として有効なのが恋愛をすることです。注目したいのがドー...

≫続きを読む

ドーパミン不足になると起きる症状

ドーパミン不足になると起きる症状はいくつかありますが、一番大きな症状はやる気が不足することでしょう。これは意外と知らない人も多いのですが、やる気というものは行動していく内に生まれてきます。行動しているとやる気が生まれてくるのはドーパミンが発生しているからです。脳科学では「行動すればやる気は上がる」と...

≫続きを読む

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。