やる気,出す,ドーパミン,増やす,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!

やる気を出すにはどうしたら良いのでしょうか?

 

 

一番手っ取り早い方法を伝授しますと、ドーパミンを増やすしかありません。私も色々と調べてみたのですが、結局人間はドーパミンが分泌されないと全然やる気を出さない生き物なのです。

 

 

 

ドーパミンが出るからやる気が出て、精力的に行動できる。

 

 

たったそれだけです。人間はとても単純な生き物で、ドーパミンさえ出れば物事に集中したり意欲を持って仕事や勉強を行ったりすることは可能です。

 

 

ただ、ドーパミンが出ていないとそれも厳しいんですよね……。

 

 

 

肝心なのはドーパミンをどう出すかです。ドーパミンを出したければ実際に行動するのが良いのですが、行動してもドーパミンが出ない人もいらっしゃいます。

 

 

例えば仕事を始めて10分以上経っているのに全然やる気がでない人はドーパミンの分泌量が低下しています。
やる気,出す,ドーパミン,増やす,

 

この世にはドーパミンが出やすい人と出にくい人がいます。

 

 

ドーパミンが出やすい人はしっかり集中して仕事や勉強に取り組むことが可能です。ドーパミンが出ているから集中することができるのであり、ドーパミンが出ていなかったら誰であろうと集中するのは不可能です。

 

 

 

それくらいドーパミンの影響力は凄いのです。

 

 

 

そのため、やる気を出したければドーパミンを増やす体質に変わるのが良いです。孫正義さんや楽天の三木谷社長がなぜそこまでアグレッシブに行動できているかというと、私はドーパミンが出ているからだと分析しています。

 

 

 

とにかく行動力がある人はドーパミンがドパドパ出ています。行動するからドーパミンが出るという意見は正しいのですが、ドーパミンが出やすい体質というのは確実に存在します。

 

 

 

何をしてもやる気がなく、仕事に対しても意欲がない人はドーパミンが出ていないのです。そういう人はドーパミンを出すための活動をすれば必ず変わります。エジソンを中心とした世の成功者は皆全てドーパミンの力によって集中力とやる気を保っていたのです。

 

 

 

成功者と平凡な人の差はドーパミンの分泌量で決まると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

意外と皆注目しないのですが、やる気を出すにはドーパミンを増やすしかありません。なぜこの事実が注目されないかというと、皆「ドーパミン」という脳内物質を知らないからです。

 

 

知っていたとしても大した影響力はないと思っているからです。

 

 

人間が麻薬に依存してしまう理由をご存知でしょうか? 

 

 

 

あれは全てドーパミンが原因です。麻薬を使用することによってドーパミンが発生し、快楽を得るから麻薬がやめられなくなるのです。

 

 

そのくらいドーパミンは強力なものなのです。

 

 

 

悪い方向に使うとどうしようもないドーパミンですが、有効活用すればこれ以上頼もしい味方はいません。人生を左右するのはドーパミンと言っても過言ではなく、ドーパミンの分泌量が全てを決まるのです。

 

 

 

やる気を出すために必要なドーパミンですが、ドーパミンは行動すると分泌されます。

 

 

 

「行動しても全然やる気がでないんだよ!」という人はそもそもドーパミンの原料となる栄養素が不足している可能性が大です。ドーパミンの原料はたんぱく質で、たんぱく質が足りない食生活を送っているとドーパミンは分泌されにくいのでやる気も出ません。

 

 

 

あと、ドーパミンを増やしてやる気を出したければ「ドーパ」という栄養を摂ると良いです。

 

 

ドーパは八升豆という食べ物に含まれている成分です。八升豆は江戸時代の頃によく食べられていたのですが、今はほとんど流通しておらず手に入れることもできません。

 

 

 

「それなら意味がないじゃないか! 役に立たない情報載せるな!」と思うかもしれませんが、解決方法は一つあります。

 

 

 

それはドーパが含まれているサプリメントを飲むことです。

 

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

 

ラーニングアップはドーパミンの原料であるドーパがしっかり含まれているため、やる気を出したい人はこのサプリメントを飲んでください。

 

やる気,出す,ドーパミン,増やす,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。