ドーパミン,エンドルフィン,違い,やる気向上,ストレス解消,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか

エンドルフィンとドーパミンは何が違うのでしょうか?

 

違いを簡単にまとめたので、参考にしてください。

 

 

 

ドーパミンの特徴

 

 

・やる気を出すための成分

 

 

・行動しているときに分泌される

 

 

・ドーパミンが分泌されると集中力が増す

 

 

・意欲を高め、集中力を上げて仕事や勉強を楽しむために必須なのがドーパミン

 

 

 

ドーパミンは行動しているときに分泌されます。

 

 

生きる意欲を作るホルモンとも言われており、人間らしい幸せを得るために一番大切なのがドーパミンです。

 

ドーパミンがドパドパ分泌しやすい人ほど成功する可能性が高いのです。なぜならば物事に対して集中して取り組むことができ、高い意欲を抱き続けることができるから現代社会で成功するためにドーパミンは必須だと言えるでしょう。

 

 

ドーパミン,エンドルフィン,違い,やる気向上,ストレス解消,

 

 

 

エンドルフィンの特徴

 

 

・エンドルフィンはストレス解消に効果がある

 

 

・脳内麻薬と言われるホルモンがエンドルフィン

 

 

・パチンコにハマってしまうのはエンドルフィンが出ているから

 

 

・ドーパミンは覚醒効果があるが、エンドルフィンは癒やしのホルモン

 

 

・ドーパミンが放出された後にエンドルフィンが分泌される

 

 

 

要するに、エンドルフィンは「幸せを実感するためのホルモン」だと言い換えることができます。

 

ドーパミン,エンドルフィン,違い,やる気向上,ストレス解消,

 

 

リラックス系の快楽物質であるエンドルフィンは、人を幸せにするために必要なホルモンです。癒し系ホルモンがエンドルフィンだったら、ドーパミンは活動系のホルモンだと言えるでしょう。

 

 

 

気軽に幸せを味わいたかったらエンドルフィンを増やした方が良いのです。

 

 

 

ただ、エンドルフィンが増えすぎると現状に満足してしまうため、物事に対するモチベーションを上げるのが困難となります。ドーパミンが出ると物事に対する意欲が向上し、やる気や集中力がアップしますがエンドルフィンは逆です。

 

 

 

エンドルフィンが増えすぎると勉強や仕事の意欲がなくなると言われています。それは幸せをつかさどるホルモンであるため、エンドルフィンが増えるとストレスが解消されてしまって頑張ろうとする意欲が失われてしまうのです。

 

 

 

 

こう書くと満足するというのも考え物だなと思います。

 

 

 

 

エンドルフィンが放出されているときは大抵満足しています。満足しているから幸福を感じることができるのですが、幸福だと逆に満足して意欲がなくなってしまうのが欠点になります。

 

 

逆にドーパミンが出ているときは物事に集中して取り組むことができ、取り組んでいることをしっかり楽しむことができるから私はドーパミンが出ている状態の方が好きです。

 

 

 

 

どちらの物質を出せば幸せになれるかという問いですが、私はドーパミンを出した方が良いと思います。

 

 

 

なぜならば現状を良くしたければドーパミンが必須だからです。ドーパミンが出なければ向上心や意欲もなくなってしまいますし、集中力も減退します。

 

 

今という現実を変えたければドーパミン。

 

 

 

今という現実を受け入れて幸せになりたかったらエンドルフィンという感じでしょうか。

 

 

私はドーパミンを増やした方が良いと思います。ドーパミンがドパドパ出ている人ほど成功する可能性が高く、仕事や勉強に熱中している間も「楽しい」と感じることができるので、ドーパミンを増やして多幸感を得るようにするのがオススメです。

 

ドーパミン,エンドルフィン,違い,やる気向上,ストレス解消,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。