ドーパミン,セロトニン,違い,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミンとセロトニンの違い

ドーパミンとセロトニンの違いについて簡単に解説させて頂きます。

 

 

 

ドーパミン

 

・やる気を出す物質である

 

 

・ドーパミンが発生されないと何も行動できなくなる

 

 

・ドーパミンは行動している内に分泌される

 

 

・ドーパミンが分泌されると快楽を感じる

 

 

・ドーパミンが分泌されすぎると快楽を求めるあまり、収拾がつかなくなる(薬にハマってしまうのはドーパミンの過剰分泌が原因)

 

 

セロトニン

 

 

・セロトニンは幸福を味わうために必要な脳内物質

 

 

 

・セロトニンはドーパミンに歯止めをかける役割を持つ

 

 

 

・セロトニンがしっかり分泌されると精神が落ち着き、心が落ち着く

 

 

 

・セロトニンが増えると多幸感を得ることができる

 

 

 

 

セロトニンとドーパミンはどっちが重要なの?

どちらも重要です。セロトニンが不足するとうつ病になると言われていますし、ドーパミンが不足すると意欲や行動力がなくなります。幸せになりたい人はセロトニンを増やしてください

 

ドーパミン,セロトニン,違い,

 

 

 

セロトニンとドーパミンは専門用語であるため、よく分からないという人も多いのです。

 

 

 

簡単に解説すると、セロトニンは「幸せを感じるために必要となる脳内ホルモン」であり、ドーパミンは「やる気を出すために必要な脳内物質」です。

 

 

 

どちらも必要です。

 

 

 

ドーパミンとセロトニンの共通点は、どちらも分泌されると幸せだと感じることです。

 

 

例えばドーパミンが発生して物事に集中して取り組んでいるときはやりがいを感じて幸せだと思いますし、セロトニンが分泌されているときは何もしなくても幸せを感じることができます。

 

 

 

どちらも違った形の幸せを感じることができるのです。

 

 

 

ドーパミンは分泌されすぎると問題が発生します。ドーパミンが分泌されすぎると依存する可能性が高く、薬物依存やアルコール依存などは快楽を求めてドーパミンが過剰分泌された結果です。

 

 

依存を抑えるために必要なのがセロトニンです。

 

 

 

ドーパミンは「もっと必要! もっと必要!」という形で要求することが多いです。だから仕事や勉強の意欲が高まって良いのですが、お酒や薬に対して「もっと必要!」と要求されると困ってしまいます。

 

 

 

セロトニンは「もうこれで十分だよ!」と主張してくれる存在です。

 

 

 

ドーパミンを抑える存在としてセロトニンは必須です。セロトニンが分泌されると「もう十分ですよ!」ということを主張するために、多幸感を味わわせてくれます。つまり、行動しなくてもセロトニンが分泌されているだけで人は幸せを感じることができるのです。

 

 

ドーパミン=行動するために必要

 

 

 

セロトニン=幸せを感じるために必要

 

 

 

こういう風に考えてください。

 

 

どちらも必要な脳内物質です。

 

 

セロトニンが不足するとうつ病になりやすくなってしまうため、メンタル面を守りたければドーパミンとセロトニンの両方を増やすことを意識してください。

 

 

 

セロトニンを増やしたければこちらでサプリメントを購入するのが良いです。

 

メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

 

ドーパミン,セロトニン,違い,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。