ドーパミン,出る,楽しい,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミンが出ると楽しくなる!

人生がつまらない、仕事がつまらないという人はとても多くいらっしゃいます。

 

 

その悩み、ドーパミンで全て解決しますよ。

 

 

 

 

私も仕事や人生が糞つまらないと感じていた時期があったのですが、とある体験をしてから「人間は脳内物質に支配されている生き物なのだ」という確信を持つことになりました。

 

 

 

これは冗談じゃなくてマジです。あなたがもし楽しい人生を送っていないとしたら、ドーパミンが不足しているだけなのです。

ソセゴンという薬を使ったら気持ち良くなった

実は私、手術したことがあるんですよ。
ドーパミン,出る,楽しい,

 

そんなことはどうでも良いのですが、手術後に痛み止めとして使用したのがソセゴンという薬なんですね。この薬って中毒性があるくらいヤバくて、実際にソセゴン中毒になっている患者や医者っているんですよ。

 

 

 

私もソセゴンを使用したことがあるんですが、驚くほど多幸感を得ることができました。

 

 

 

何もしていなくてもですよ? ソセゴンを使用するだけで気持ちよくなるのです。残念ながらソセゴンは買うことはできませんけどね。私が伝えたいのはソセゴンの効果ではなく、「人間は脳内物質によって幸不幸を決めている生き物なんだな」と実感したことです。

 

 

 

何かをしたら幸せになるとか、嘘ですからね。

 

 

 

「でも、ゲームをしたら楽しいし幸せだよ?」という人もいらっしゃると思います。これはゲームをすることによってドーパミンが分泌されるから楽しくなるのです。

 

 

実際にうつ病になってゲームをしても全く楽しくありません。ドーパミンが出ないからです。

人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すこと

人生を楽しむコツはドーパミンを出すことだと知った私は、とにかくドーパミンを出すための行動を取りまくりました。

 

 

 

実際に行動したり、美味しいものを食べたり、ムクナ豆粉末をコーヒーの中に入れたり……。

 

 

 

色々と行動しましたが、結局はラーニングアップというサプリメントを飲むのが良いと実感しましたね。

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

 

やっぱりサプリメントは違います。ドーパミン分泌をサポートしてくれるための栄養素がぎっしり詰まっていますし、ドーパミンを増やしたい人に最適なのがラーニングアップですね。

 

 

 

 

人生を楽しみたければドーパミンを出すために行動してください。ドーパミンが全ての鍵を握っていますよ。

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。