ドーパミン,うつ病,モノアミン仮説,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミンとうつ病には密接な関係がある

ドーパミンとうつ病には密接な関係が存在します。
ドーパミン,うつ病,モノアミン仮説,

 

実はドーパミンが不足するとうつ病になるという説があります。これはまだ仮説の段階なのですが、モノアミン仮説という仮説では以下のように定義づけられています。

 

 

ノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンが不足するとうつ病を発症してしまうという神経科学上の仮説になります。

 

 

これはまだ仮説の段階なので完全に正しいとは言い切れないのですが、うつ病の人の特徴を見ればモノアミン仮説は信ぴょう性が高いと考えることができます。

 

 

あなたもご存知の通り、うつ病の人はとにかく物事に取り組む意欲がありません。うつ病で自殺した人の脳を調べてみると脳内物質のセロトニンが不足していたということが多いのですが、セロトニン不足とうつ病は大きな関係があるというのが有力視されています。

 

 

 

ドーパミンもそうです。

 

 

ドーパミンが分泌されると意欲を持って仕事に取り組むことができます。また、ドーパミンが分泌されることによって集中力を高めることかできます。

 

 

 

しかし、うつ病の人は何をしても楽しめません。何をしても楽しいという感情が湧かないから集中力がなく、ドーパミンが分泌されないのです。

 

 

うつ病は本当に辛い症状です。ゲームをしても散歩に行っても感動することがなければ、何も面白いと感じないのです。当然のことながらうつ病の状態で勉強や仕事に取り組んでもドーパミンは少量しか分泌されません。

 

 

 

そのため、うつ病の人はうつ病を治すことから心がけてください。モノアミン仮説によるとうつ病の原因はセロトニンやドーパミンの不足であるため、これらの栄養素を補うサプリメントを飲むのが良いです。

 

 

 

ドーパミンは快楽や楽しみに関わっている物質であるため、何も楽しめないと感じたり生きている意味が感じられないと感じたりするのが問題です。

 

 

 

ドーパミンはうつ病の治療にも使われる

ドーパミンはうつ病の治療にも使われています。

 

ドーパミン,うつ病,モノアミン仮説,
例えばうつ病の人に対してドーパミン作動薬を処方することが多いのですが、これは現在の医学が「ドーパミンを増やすことによってうつ病を対策することができる」と考えている証明でしょう。

 

 

しかし、残念ながら日本で認可されている抗うつ剤はセロトニンやノルアドレナリンを増やすものが多いのです。ドーパミンそのものを増やす作用を持つ薬が少ないのが実情となります。

 

 

 

また、ドーパミン作動薬はうつ病に保険対応はなく、主治医の判断によってやむを得ないケースに限って検討されます。

 

 

保険対応がないというのが本当に痛いです。ドーパミンを気軽に増やしてくれる薬は危険な麻薬が多いため、このような対応を取らざるを得ないのでしょう。

 

 

また、ドーパミン作動薬の効果は軽度です。ドーパミンの減少がうつ病の一因であるという仮説は存在しますが、ドーパミンだけを増やせばうつ病が治るというわけでもないので気をつけてください。

 

 

ドーパミンを増やしたければ薬ではなく、ドーパミンの原料を含んでいるサプリメントを飲むのが良いですね。ドーパミンを増やす薬が保険適用外だったり違法であったりする以上、サプリメントに頼るのが一番賢い選択です。

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

 

ラーニングアップはドーパミンの原料となる栄養素がたっぷり含まれているので、うつ病が辛い人はラーニングアップを飲んでみてください。

 

ドーパミン,うつ病,モノアミン仮説,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。