ドーパミンとは,一体何なのか,基礎知識,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミンとは一体何なのか?

 

 

 

ドーパミンとは一体何なのでしょうか?

 

 

この疑問を持った人も多いと思うので、この記事で詳しく分かりやすく解説させて頂きます。

 

 

ドーパミンってなんですか? 美味しいの?

いいえ、美味しくありません。ドーパミンは神経伝達物質で、やる気を出したり意欲を作ったり集中力を増やしたりする効果を持ちます

ドーパミンとは,一体何なのか,基礎知識,

 

 

たまに何に対してもやる気がない人がいらっしゃいます。

 

 

私もそういう時期があったので物凄くよく分かるのですが、それはただ単にその人が根性がないと言うよりも「ドーパミンが不足しているだけ」という可能性が高いのです。

 

 

ドーパミンが不足しているとやる気は出ませんし、意欲も生まれません。

 

 

勉強に集中できる人と勉強に全く集中できない人がいらっしゃいますが、これも分泌するドーパミンの差になります。物事に熱中して取り組める人はドーパミンの分泌量が多いのです。

 

 

 

 

なぜ、ドーパミンの分泌量が多いのでしょうか?

 

 

 

それはドーパミンを分泌するために必要となる栄養をしっかり摂っているからです。ドーパミンを増やしたければタンパク質が沢山含まれた食品を取るのが良いです。

 

 

 

肉をよく食べていると人ほど仕事に対して意欲的であることが多いのですが、これはドーパミンの原料となるタンパク質を摂っているからです。

 

 

 

ちなみに、脳の中には約1兆個の神経細胞がありますが、その中にはドーパミンにしか反応しない神経もあります。

 

 

ドーパミンにしか反応しない神経は快感を伝達する神経で、ドーパミン作動性神経と言われています。快感を得たときにドーパミン作動性神経が発動するのですが、このドーパミン作動神経が刺激されるとドーパミンが分泌します。

 

 

 

ドーパミンを増やす=楽しいことをしたり、好きなことをしたりするべき。

 

 

 

 

ドーパミンとは,一体何なのか,基礎知識,

 

 

 

人は快感を得たときにドーパミンが分泌されます。仕事が好きで好きでたまらない人は仕事をしているだけでドーパミンが分泌されるため、高い集中力や意欲を保つことができるのです。

 

 

 

好きこそものの上手なれという言葉は、ドーパミンからきているのですね。

 

 

自分の好きなことや興味のあることを行えばドーパミンはどんどん分泌されます。しかし、大して興味がなかったりやりたくないことをやらされたりすると、ドーパミンは全然増えないので全く集中できないですし意欲も湧きません。

 

 

 

受験勉強に集中できない人や仕事に集中できない人は多々いらっしゃいますが、これらの人々はドーパミンが分泌されていないから集中できないだけなのです。

 

 

スポーツをしたり、どこかに出かけたり、創作活動に取り組んだりすることによってドーパミンは分泌されます。要するに最初は面倒くさいけど、何かに取り組んでいるうちに集中できるというのはドーパミンが分泌されるから生まれる効果なのですね。

 

 

 

ドーパミンって仕事やプライベートを成功させるために必要?

はい、必要です。なぜならばドーパミンが足りないと仕事に対する意欲もなくなってしまいますし、恋人の関係も悪化することが多いのです。恋人とのコミュニケーションやデートを面倒臭がったら関係はどんどん悪くなってしまいますよね? ドーパミンは全ての成功に繋がる物質です

 

ドーパミンとは,一体何なのか,基礎知識,

 

 

 

ドーパミンが全ての成功に繋がるというのは意外と知られていない事実です。

 

 

 

ドーパミンは物事の意欲を高めるのに必要な物質であるため、ドーパミンが分泌されないと集中力も意欲も全く湧かないのです。

 

 

仕事で考えてみましょう。

 

 

 

ドーパミンは好きな仕事をしているときにドパドパ湧きます。しかし、嫌いな仕事をしていると湧きません。

 

 

 

嫌いな仕事をしている人は大抵こんなことを考えています。

 

 

「あーだるいなー。やってられないなー。こんな糞面白くもない仕事とっとと終わらせて帰りたいなー。あ、そういえば今日は俺の好きなアニメがやるじゃーん。ダラダラ残業して帰ってアニメみよ」

 

 

ドーパミンとは,一体何なのか,基礎知識,

 

 

これはドーパミンが完全に分泌されていない状態です。ドーパミンが分泌されていると今行っている仕事に集中することができ、高い意欲をもってバリバリ仕事をこなすことができます。

 

 

 

しかし、ドーパミンが足りていないと先ほど挙げた例の通り、ダラダラと仕事をすることが多いのです。

 

 

 

これはドーパミンの性質によるものです。

 

 

 

ドーパミンは褒められたり、感動したり、喜んだりしているときに強く分泌されます。

 

 

「子供は褒めて育てるべき」という意見がありますが、これは本当に正しいのです。なぜならば子供を積極的に褒めることによってドーパミンが分泌され、ドーパミンが十分に足りている子供は精力的に行動して様々なことにチャレンジするからです。

 

 

 

人間は挑戦し、行動しないと成功することはできません。

 

 

 

挑戦したり行動したりする原動力になるのがドーパミンです。この世の中には行動力がある人とない人がいらっしゃいますが、行動力がある人はすべからずドーパミンがドパドパ分泌されています。

 

 

むしろ、ドーパミンが分泌されているからやる気があると言い換えることもできます。

 

 

 

 

生きる目的は人によって違います。しかし、私は「ドーパミンを分泌し続けるために人間は生きている」と考えています。

 

 

なぜかというと、ドーパミンが全く分泌されていないと人生は非常に味気なく、つまらないからです。

 

 

 

 

生きる意欲さえも失われます。

 

 

 

ドーパミンは「意欲を作るホルモン」と言われています。うつ病になっている人はドーパミンの量が少ないことで問題になっていますが、これは本当です。意欲も湧かず、喜びという感情が失われている状態がうつ病なので、ドーパミンの分泌量が非常に少ないのです。

 

 

 

ドーパミンは意欲を高めてくれるだけではなく、快感や幸福感を味わうためにも重要です。

 

 

大好きな恋人とデートしているときは快感を覚えますが、これはドーパミンが強く分泌されているからです。

 

 

ドーパミンとは,一体何なのか,基礎知識,

 

 

また、恋人と二人きりで過ごす時間は完全に集中しきっています。集中しすぎてたまに「2人だけの世界」という形で電車内でキスしている人がいるのは困り者ですが、こういう人が恥ずかしげもなくこんな行動を取ることができるのはドーパミンが分泌されているからです。

 

 

 

 

勿論、ただ単に社会常識が欠けているだけとも言えます。

 

 

 

 

ただ、ドーパミンが強く分泌されている人は集中力が物凄く高いです。エジソンや孫正義さんがこの世で成功を収めたのも、ドーパミンを沢山出して強い意欲と集中力を保ったからでしょう。

 

 

 

特にエジソンは失敗の連続でした。失敗しても諦めなかったのは「自分が行っている実験が好きだったから」です。ドーパミンは自分の好きなことをしているときに分泌されるため、好きなことをしている人は本当に強いのです。

 

 

 

逆に、ストレスはドーパミンの分泌を低下させます。

 

 

 

 

そのため、ドーパミンを増やしたい人はストレスフリーの生活を送ったり、ストレスよりも快感を感じる行動に取り組んだ方が良いのです。

 

 

 

たまに仕事や勉強はやる気がしないけど、ゲームだったら何時間でも集中できる人がいらっしゃいます。

 

 

 

これだけ聞くと「ただの怠け者だろ」と思うかもしれませんが、違うのです。

 

 

 

 

ドーパミンが出ているから集中することができるのです。

 

 

 

逆にゲームが嫌いな人にゲームをプレイさせても集中しません。「ゲームをするぞ!」という意欲が沸き立つこともありません。それは嫌いなことをさせられると人はドーパミンを分泌しないからです。

 

 

 

 

何かをしたい、何かに取り組みたいという思考は全てドーパミンからきているのです。ドーパミンがドパドパ出ている人ほど行動力があって精力的なのです。

 

 

 

 

そのため、この世ではドーパミンを多く分泌している人の方が圧倒的に有利です。

 

 

 

やる気がない人はドーパミンを分泌するように心がければ、人生と自分自身を変えることができます。ドーパミンが足りないからやる気がないのであって、逆に言えばドーパミンさえドパドパだせば行動力は上がるのです。

 

 

 

 

行動力がない人も、仕事に対する意欲が湧かない人も安心してください。

 

 

 

それは全てドーパミン不足が原因です。

 

 

ラーニングアップというサプリメントはドーパミンを作るのに必要な栄養素がしっかり詰まっているので、ドーパミンを増やしたいと望んでいる人は飲んでみてください。

 

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

 

ドーパミンはドーパミンの元となる栄養が不足していると全然分泌されません。

 

 

ドーパミンを作るのに必要な栄養素は絶対に確保するのが重要です。

 

ドーパミンとは,一体何なのか,基礎知識,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。