ドーパミン,基礎知識,作用,目標達成,行動,促進,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミンの作用はどうなっているのか?

ドーパミンの作用はどうなっているのでしょうか?

 

 

昔の研究では、「ドーパミンは目標を達成したときに分泌されるもの」だと考えられていました。しかし、最新の研究結果によって行動しているときにもドーパミンが分泌されていることが分かったのです。

 

ドーパミン,基礎知識,作用,目標達成,行動,促進,

 

 

 

人間は欲があるので何かを手に入れようと必死です。

 

 

 

何かを手に入れるために分泌されるのがドーパミンです。もしかしたら自分が欲しいと思っているよりもドーパミンの方が大切かもしれません。なにしろドーパミンが分泌されている間が一番楽しいですから。

 

 

 

 

そう、ドーパミンは楽しいのです。

 

 

 

Universitat Jaume Iの最新の研究結果ではストレスや痛み、喪失感にも反応することが分かっています。今まではポジティブな影響を持っている脳内物質だと考えられていたのですが、どうやら違うようです。

 

 

 

少し難しいことを言ってしまいましたが、要するにドーパミンは「目標を達成するために放出されるもので、ドーパミンはポジティブな方向に働く」というのが研究結果で分かっています。

 

 

 

ドーパミンが事前に放出されていると「こういうことをしよう! あれをしよう!」という形で意欲的になります。

 

 

 

 

逆に言えば意欲的だったり行動力があったりする人はドーパミンがドパドパ分泌されやすい体質だと言うことができます。

 

 

幸福作用があるドーパミンを求めて薬物におぼれてしまう人もいらっしゃるのでドーパミンは完全に良いとは言えないのですが、薬物を使用する以外でのドーパミン放出はポジティブな結果を出してくれます。

 

 

 

人が行動し、何かを達成するための手助けとなってくれるドーパミン。

 

 

 

逆に言えばドーパミンが少ないと行動力がなくなり、目標を達成することが困難になります。

 

 

今までのドーパミンの認識は間違っていました。目標を達成した後や満足感を覚えた後にドーパミンが放出されるというのは完全な誤りです。

 

 

 

なぜこのような間違いが生じたかというと、「麻薬でドーパミンが増える」ということに関係があると思っています。

 

ドーパミン,基礎知識,作用,目標達成,行動,促進,

 

 

麻薬を使用すると快楽作用があるドーパミンが放出されます。ドーパミンが沢山出ると多幸感を味わい、満足感を覚えることができます。

 

 

 

以前は満足感を覚えた後にドーパミンが放出されると考えられていたのですが、逆です。ドーパミンがでるから満足感を得られるのであり、ドーパミンを出しやすい体質になると仕事や勉強をしているときにでも幸福を感じることができます。

 

 

 

 

あなたの周りに仕事に熱心な人はいませんか?

 

 

 

なぜか知らないけどやけに仕事に対して熱心で、熱い。仕事を楽しんでいるけど私には理解できない……。という経験があなたにもあるかもしれません。

 

 

 

その人とあなたの差はドーパミンの放出量です。

 

 

 

ドーパミンが出やすい体質だと仕事をしている時もどんどんドーパミンが出るので仕事が楽しく感じるのですが、ドーパミンが出にくい体質だとドーパミンが分泌されないのでいつまで経っても仕事がつまらないままです。

 

 

 

ドーパミンが出やすい体質はドーパミンの原料となる栄養素が足りているか否かで決まります。

 

 

 

仕事に集中できなかったり楽しめなかったりする人はドーパミンが足りていないのです。足りていないドーパミンの原料はサプリメントで補給するのが良いので、ラーニングアップを飲み続けてください。

 

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

ドーパミン,基礎知識,作用,目標達成,行動,促進,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。