ドーパミン,抑える,メリット,パチンコ,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?

ドーパミンを抑えるメリットはあるのでしょうか?
ドーパミン,抑える,メリット,パチンコ,

 

ドーパミンは勉強や仕事の集中力を上げるのにとても重要となる脳内物質ですが、ドーパミンを抑えた方が良い場面は例外的に存在します。

 

 

それは悪いことにハマってしまうときです。

 

 

 

例えばパチンコ。パチンコ依存症になってしまってパチンコがやめられない人は多々いらっしゃいますが、こういう人はドーパミンが原因となってパチンコがやめられないのです。

 

 

 

パチンコ依存症の人はパチンコをすることによってドーパミンを分泌しています。これはパチンコ店舗もわざとやっているのですが、パチンコはリーチになるととてつもなく派手なシーンを見ることができます。

 

 

リーチになったら当たるか当たらないかドキドキワクワクしますが、このときにドーパミンはドパドパ分泌されています。パチンコはわざと人を興奮させるための演出を実行しているため、派手な演出を通じて人にドーパミンを分泌させているのです。

 

 

 

そして当たったり外れたりする体験を繰り返していくうちにドーパミンの分泌量が増えていきます。ドーパミンは何かに熱中しているとドパドパ増やすことができますが、パチンコはドーパミンを増やすための仕掛けが沢山ある機械なのですね。

 

 

 

 

「なるほどー。じゃあドーパミンを出して楽しみたければパチンコをすれば良いんだな!」とは思わないでください!

 

 

パチンコはとにかくお金がかかります。パチンコは負けるのが当然なので、パチンコにハマればハマるほどお金が飛んでしまうのでパチンコはしない方が良いです。

 

 

パチンコ依存症になっている人のほとんどはドーパミン依存症になっています。これは麻薬と同じ症状で、パチンコをするとドーパミンが分泌されて興奮したり気持ち良くなったり楽しくなったりするからパチンコがやめられなくなるのです。

 

 

 

それほどドーパミンは依存性が強いのです。

 

 

 

そのため、パチンコ依存症の人はドーパミンを抑えることがメリットになります。なぜならばパチンコにハマってしまう原因はドーパミンだからです。ドーパミンは物事によっては全然分泌しない方が良いのですね。

 

 

 

麻薬もそうなんですよ。

 

 

麻薬を使うと凄く気持ち良くなりますが、これもドーパミンが分泌されるからです。

 

 

 

ドーパミンは快楽の元となり、興奮する元となります。麻薬を摂取すると快楽の元となるドーパミンが沢山分泌されるから気持ち良くなり、楽しくなって依存してしまうのです。これはパチンコと性質は変わりません。

ドーパミンを抑えたければどうしたら良いの?

ドーパミンを抑えてパチンコ依存症を改善したいと思っている人はセロトニンを摂取してください。

 

ドーパミン,抑える,メリット,パチンコ,

 

セロトニンはドーパミンを抑える働きがある物質で、うつ病を改善するためにも有効だと言われています。

 

 

セロトニンを増やすと多幸感を得ることができます。

 

 

ドーパミンも増やすことによって集中力が増したり楽しんだりすることができたりするのですが、セロトニンは「落ち着いた状態で幸せを感じることができる」のです。ドーパミンがアッパー系の脳内物質だとしたら、セロトニンはダウン系の脳内物質です。

 

 

 

ドーパミンを抑えるために重要となるセロトニンですが、このセロトニンはサプリメントから摂取することもできます。

 

 

メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

 

 

こちらの専門店では評判の高いセロトニン対策サプリが販売されているので、ドーパミンを抑えたい人はサプリメントを飲んでください。

 

ドーパミン,抑える,メリット,パチンコ,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。