ドーパミン,不足,症状,ドーパミン不足,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドーパミン不足になると起きる症状

ドーパミン不足になると起きる症状はいくつかありますが、一番大きな症状はやる気が不足することでしょう。

 

 

これは意外と知らない人も多いのですが、やる気というものは行動していく内に生まれてきます。

 

 

ドーパミン,不足,症状,ドーパミン不足,

 

 

行動しているとやる気が生まれてくるのはドーパミンが発生しているからです。脳科学では「行動すればやる気は上がる」と言われていますが、これは行動すると自動的にドーパミンが発生するから生じる症状です。

 

 

 

そのため、一番ダルいのは物事に取り組んでいるときではなく、物事に取り組み始めるときなのです。

 

 

「一度始めてしまったら後は意外と楽」という言葉がありますが、これは本当です。仕事でも勉強でも一度でも取り組むとドーパミンが分泌されるので楽になるのですが、取り組まないとドーパミンが分泌されないので「あー、めんどくせー」と思ったままなのです。

 

 

 

ドーパミンはいつも出ているわけではないのです。

 

 

 

行動したときに初めてドーパミンは発生します。そのため、ドーパミンを増やしたければ行動するのが一番良いのですが、そこが一番の障害です。

 

 

 

ドーパミン不足に陥るとやる気がなくなるばかりではなく、行動力が失われます。逆に言えばいつも行動力に溢れている人は「脳内でドーパミンがドパドパ溢れている」のです。

 

 

 

ドーパミンが本当に全く出ないと、習慣ができなくなります。

 

 

例えばあなたは毎日歯磨きしたりお風呂に入ったりすると思いますが、これもドーパミンが分泌しているから続けられる習慣です。歯磨きをする前はダルいと感じることが大半ですが、実際に始めるとわりかし集中して歯を磨くことができます。これはドーパミンが発生しているからです。

 

 

 

しかし、ドーパミンが不足すると歯磨きすらできなくなります。

 

 

 

何に対してもやる気がない無気力人間がいますが、この人はただ単にドーパミンが不足しているだけなのです。

 

 

ドーパミンが不足している原因は「ドーパミンを生成する栄養素が足りない」という可能性が高く、ドーパミンを生成する栄養素をしっかり補給するためにサプリメントを飲まなければいけません。

 

 

 

「ドーパミンが不足すると行動力がなくなり、健全な日常生活を送ることすら難しくなる」と思ってください。

 

 

 

たまに掃除を全くしておらず、トイレにもいかないニートが報道されますが、この人は完全なドーパミン不足です。ドーパミンが不足しているからトイレにいく気力もなくし、正常な生活を送ることができなくなっているのです。

 

 

 

また、ドーパミンが不足することによって病気になることもあります。

 

 

例えばパーキンソン病はドーパミン不足によって起こります。

 

 

 

パーキンソン病になると手足が震えたり筋肉が固くなって歩けなくなったりしますが、パーキンソン病を改善したければドーパミンの原料となるレボドパを投与すると改善されると言われています。

 

 

パーキンソン病はかなりレアな病気なのでそこまで恐れる必要もないのですが、ドーパミンが不足することによって物事に対するやる気がなくなるのは私達が危惧しなければいけない問題です。

 

 

 

うつ病になると何に対しても意欲がなくなって、ゲームをしても面白いと感じることがなくなりますが、うつ病もドーパミンと深い関わりがあると言われています。

 

 

うつ病は本当に辛いです。

 

 

 

私も一時期うつ病に近い状態になっていたのですが、何もやる気がしませんでした。これはドーパミンが不足している症状に似ており、「行動すればドーパミンが出ると言うけれど、行動する気力がないから困っているんだよ!」という人が多いと思います。

 

 

 

そういう人はドーパミンをドパドパ増やしてくれるサプリメントを飲むのが一番の解決策です。

 

 

行動力がある人は行動する前から意欲が高いのです。

 

 

 

ドーパミンを分泌しやすい体質になるためにも、ドーパミンの栄養素を含んだサプリメントを飲むのはとても重要だと思ってください。

 

ドーパミン,不足,症状,ドーパミン不足,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?
恋愛ドーパミンは恋愛で分泌されるドーパミンのことを指します。