ドーパミン,基礎知識,恋愛ドーパミン,分泌,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

恋愛ドーパミンってなに?恋愛とドーパミンの関係とは?

恋愛ドーパミンとは、恋愛することによって増えるドーパミンです。

 

 

ドーパミン,基礎知識,恋愛ドーパミン,分泌,

 

 

ドーパミンは自分の好きなことをしていると増えるのですが、恋愛は「好きな相手がいる」ということになるため、恋愛をする人ほど恋愛ドーパミンが増えるのですね。

 

 

 

そのため、ドーパミンを増やす方法として有効なのが恋愛をすることです。

 

 

注目したいのがドーパミンによって恋が盛り上がることです。

 

 

 

むしろドーパミンが出ないと恋愛は盛り上がりません。恋をするとドーパミンが沢山分泌されるため、相手に会いたいと願ったり特別な関係になることを望んだりします。

 

 

恋に落ちるとドーパミンが沢山でるから、恋愛ドーパミンという言葉があるのですね。

 

 

 

ちなみに、恋愛の賞味期限は三年だと言われている理由をご存知でしょうか?

 

 

 

この理由はとても単純で、恋愛ドーパミンが大量分泌される期間が三年だからです。これを過ぎてしまうとドーパミンは分泌量が減ってしまうため、恋愛の期間は三年だと言われているのですね。

 

 

 

つまり、恋愛ドーパミンは三年が有効期限だと捉えることができます。

 

 

 

カップルは長く付き合っているとマンネリを感じてきますが、これは恋愛ドーパミンが不足しているからなんですよ。

 

 

 

ドーパミンが分泌されるから恋愛は盛り上がる。

 

 

ドーパミンの分泌量が減るから冷めてしまう。

 

 

 

たったこれだけの単純なことです。

 

 

 

先ほど恋愛ドーパミンは三年で分泌量が減ると言いましたが、実はこの例から漏れるケースも存在するのです。

 

結婚してから20年もラブラブな夫婦の脳をスキャンしたところ、恋に落ちたばかりのカップルと同じ神経活動が認められたというデータが出ています。

 

 

 

 

これは20年経っても恋愛ドーパミンが出続けていたからラブラブな関係を維持することができるのです。

 

 

 

恋愛ドーパミンを出したければどうしたら良いの?

倦怠期のカップルの場合、かつて二人で取り組んだことをまた一緒にやるのが良いです。そうすればかつての出来事を思い出して恋愛ドーパミンが出やすくなります。また、活動自体がドーパミンを出すのに良いのです

ドーパミン,基礎知識,恋愛ドーパミン,分泌,

 

 

 

ドーパミンを出すのが恋愛を長続きさせるコツです。

 

 

 

最近倦怠期だと感じたり、お互いの関係が冷め切ってしまうのが怖いと思っている方は恋愛ドーパミンを増やすことを推奨いたします。

 

 

先ほども申し上げた通り、恋愛ドーパミンは一緒に行動することによって生まれます。一緒に散歩しても良いですし、美味しいものを食べに行くのも効果的です。美味しいものを食べるのもドーパミンを分泌するのに効果的で、恋人との関係も深まって一石二鳥です。

 

 

 

また、普通とは違う予想外のデートをするのも恋愛ドーパミンを増やすのに効果的です。
ドーパミン,基礎知識,恋愛ドーパミン,分泌,

 

 

マンネリ化するとドーパミンは分泌されません。ドーパミンはマンネリ化を非常に強く嫌うので、ドーパミンを出し続けたければ常に新しいことに挑戦するのが良いのです。

 

 

一緒に新しいことに挑戦すると、「新しい刺激」を受けることによってドーパミンの分泌が増えます。二人で一緒にドーパミンを増やすと恋愛ドーパミンとなって仲が深まる結果に繋がるので、二人で何かをするのはとてもオススメです。

 

 

 

ただ、気分が落ち込んでいたりメンタルが弱っていたりすると恋愛ドーパミンは出ません。

 

 

 

恋愛ドーパミンを出したければドーパミンが出やすい状態を保つのが大切です。例えばうつ状態で恋人と遊びに行っても全然楽しめないのですが、通常の精神状態だったらドーパミンが分泌されて凄く楽しむことができます。

 

 

 

大切なのはドーパミンが分泌される体質を維持することです。

 

 

 

そうしなければ恋人と一緒に行動したり遊んだりしても恋愛ドーパミンは分泌されません。恋愛ドーパミンが分泌されないと仲睦まじいカップルを続けるのは不可能となってしまうため、死活問題となります。

 

 

 

そのため、恋愛ドーパミンをドパドパ出したければ日頃からドーパミンになる栄養素を摂ってください。

 

 

ラーニングアップはドーパミンを出すための原料がたっぷり入ったサプリメントです。恋愛ドーパミンをいつまでも出し続けていたい人はラーニングアップを使用してください。

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

 

ラーニングアップは学習サプリとして売られていますが、そもそもが「ドーパミンをたくさん出すために作られたサプリ」であるため、恋愛ドーパミンを出すのにも適しています。

 

 

恋愛ドーパミンを出すための栄養を補給する上でラーニングアップは役立ちます。

 

ドーパミン,基礎知識,恋愛ドーパミン,分泌,

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

ドーパミンとは一体何なのか?
ドーパミンとは一体なんだろうという人のために、ドーパミンの効力や基礎知識を記載しました。
ドーパミン過剰は場合によっては危険
ドーパミンが過剰分泌されることがありますが、これは時と場合によっては危険です。
ドーパミンとセロトニンの違い
ドーパミンはやる気を出す物質で、セロトニンは多幸感を味わう脳内物質です。どちらも人間としての活動を継続するのに必要です。
ドーパミンとうつ病には密接な関係がある
ドーパミンが不足するとうつ病になりやすくなるという意見があります。これはモノアミン仮説と言われています。
ドーパミンが出ると楽しくなる!
ドーパミンがドバドバでるととても楽しくなります! 人生を楽しむ秘訣はドーパミンを出すことと言っても過言ではありません。
ドーパミンを抑えるメリットはあるのか?
ドーパミンは集中力を高めたり意欲を高めたりするときに重要となる物質ですが、時と場合によってはドーパミンを抑えるメリットがあります。
ドーパミンの作用はどうなっているのか?
ドーパミンは放出されるとやる気が出たり、目標を達成したりするための行動を促進してくれる存在です。
ドーパミンとアドレナリンの違いと特徴
ドーパミンは行動したときに出る脳内物質で、アドレナリンはプレッシャーを大きく抱えたときにでる物質です。
エンドルフィンとドーパミンは何が違うのか
簡単に解説すると、エンドルフィンはストレス解消に効果があってドーパミンはやる気向上に効果があるホルモンです。
やる気を出すにはドーパミンを増やすしかない!
やる気を出したければドーパミンを増やすのが一番です。ドーパミンが分泌されればやる気は勝手に出てきます。
脳とドーパミンはどのような関係があるのか?
ドーパミンは脳から分泌されます。普段からやる気が溢れており、意欲が高い人は脳からドーパミンが出やすい体質なのです。
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミン
パーキンソン病の治療に必要なのはドーパミンです。ドーパミンを増やすことによってパーキンソン病の進行を遅らせることができます。
ドーパミン不足になると起きる症状
ドーパミンが不足すると物事に対する意欲がなくなり、モチベーションが下がります。頑張りたいときはドーパミンを増やす必要があるのです。