脳内麻薬,出し方,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

脳内麻薬の最適な出し方

脳内麻薬を出しまくるのが人生攻略のコツです。

 

 

 

特にドーパミンという名の脳内麻薬は出れば出るほどやる気が出るし行動力が上がるし常に楽しいしで、最強の脳内麻薬です。仕事や勉強ができる人ほどドーパミンという名の脳内麻薬を出しまくっていることを理解しなければいけません。

 

 

 

では、脳内麻薬の最適な出し方をまとめて解説させていただきます。

1.牛肉を食べる習慣をつける

美味しいものを食べると脳内麻薬をドバドバ出すことができます。

 

 

 

 

特に良いのは牛肉を食べる習慣をつけることですね。私は常にドーパミンを出して高いやる気を保つために牛肉を食べる生活を送っているのですが、この生活は本当に良いですよ。

 

 

 

なぜ牛肉が脳内麻薬を増やすのに良いかというと、良質なタンパク質とトリプトファンが含まれているからなんですね。

 

 

 

このトリプトファンはドーパミンの原料になります。ドーパミンを出すためにはL-ドーパやトリプトファンといった栄養素を摂取する必要がありますが、ドーパミンを効率良く出すのに有効なのが牛肉なんですね。

 

 

 

特に良いのがステーキです。

 

脳内麻薬,出し方,

 

加工されていない肉を食べてください。加工しないでそのまま焼いて食べるのが良質なタンパク質を最高に摂取する方法で、トリプトファンもガシガシ摂ることができます。

 

 

いつもアグレッシブに元気に活動している人は、肉食の人が多いですよね?

 

 

 

 

これは肉を食べてトリプトファンを摂取してドーパミンを出しているからです。デキる人ほどドーパミンを活用して仕事をしているということに気づいた瞬間、あなたの人生も確実に変わります。

2.実際に行動して作業興奮を手に入れる

実際に行動することによってドーパミンは分泌されます。

 

 

作業興奮という言葉をご存知でしょうか? この作業興奮というものを発見したのは心理学者のクレペリンです。クレペリンは「行動しなければ人はやる気が上がらない」ということを実証した素晴らしい人物です。

 

 

脳内麻薬,出し方,

 

 出典 spysee.jp

 

 

やる気を生み出したければ脳の中にある側坐核(そくざかく)を刺激する必要があります。この側坐核の厄介なところは実際に行動しないと刺激されないという点なのです。

 

 

 

逆に言えば行動すればするほど側坐核が刺激されてドーパミンが出るのですね。ドーパミンは側坐核の刺激によって生み出されるので、実際に行動して作業興奮を手に入れるのは理にかなっているのです。

 

 

 

普段から行動している人ほどやる気があるのは、ドーパミンを生成して作業興奮を手に入れているからです。しかもこの作業興奮は非常に楽しいものです。勉強も仕事も集中すると何でも楽しくなりますが、人間はドーパミンを増やすことによって何でも楽しくなってしまうのですね。

 

 

 

 

実際に行動するとやる気が出る! このポイントが側坐核の刺激なんですよー。

3.日々の成長を実感する

人間は本能として成長している実感を求める生き物です。

 

脳内麻薬,出し方,

 

成長しないとやりがいや充実感を抱くことはできません。多くの人がゲームにハマるのも、「ゲーム内のキャラクターが成長する」という実感を覚えることができるからです。

 

 

 

日々の成長を実感したければどうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

これは過去の自分と今の自分を比較することですね。今の方が成長しているという実感を抱けば、どんどん人生は楽しくなっていきます。人生が楽しいって最強なんですよ。楽しいというだけで脳内麻薬のドーパミンの生成量が向上しますし、ガシガシドーパミンを出すことができるようになります。

 

 

 

 

日々の生活を実感できるのは本当に楽しいですよ。私が仕事が大好きになったのも、仕事をこなすことによって日々の成長を実感することができるからなんですね。

4.物事を楽しんで取り組む

物事を楽しんで取り組むのは最強です。

 

脳内麻薬,出し方,

 

最強のスキルと言っても過言ではありません。

 

 

 

勉強でも仕事でも、楽しんで取り組んでいる人には勝てないんですよ。嫌々取り組むと意識が「嫌だなぁ」という方向に向かってしまいますし、集中力も減退してます。しかし、楽しんでいると集中力も高いですし創意工夫をすることができるから成長度合いも段違いなんですよ。

 

 

 

 

物事を楽しんで取り組む才能、欲しいですか?

 

 

 

 

 

これ、簡単に手に入ります。脳内麻薬のドーパミンを使ってチート化すれば良いのです。

 

 

 

ドーパミンが出ればどんな作業でも楽しくなります。私は、「ドーパミンを増やせばどんなことも楽しくなるんだ!」ということに気づいてドーパミンを活用することを常に意識して行動しています。

 

 

 

行っていることは至って簡単です。

 

 

 

考える前に動け!ですね。思考していてもやる気が上がることはありませんし、何も生み出されません。行動することによってやる気も高まって良い結果が出るのですから行動しないのが損なのです。行動しない時間が一番の失敗です。

 

 

 

物事を楽しんで取り組むために作業興奮を利用するのも良いのですが、サプリメントを飲んでドーパミン生成をサポートして貰うのも良いですよ。

5.一日の目標を立てて行動する

一日の目標を立てて行動するのは成長している実感も湧いて大変効果的ですよ。

 

脳内麻薬,出し方,

 

私は何の目標も立てないでダラダラしていた時期があったのですが、ほんとダメですね。目標がないと行動する気にならないし、行動しないからドーパミンが全く分泌されないという悪循環にハマってしまいます。

 

 

 

行動して側坐核を刺激する習慣をつけるためにも、一日の目標を立てて行動するのが良いですよ。

 

 

 

私は一日の目標を設定することによって日々成長している実感を抱くことができました。今、行動できない人に未来はありません。大切なのは今行動することであり、行動の原動力となるのが脳内麻薬のドーパミンなのです。

 

 

 

ドーパミンを増やせば人生攻略は容易。

 

 

 

これは私が強く抱いている価値観です。

6.ラーニングアップを飲む

脳内麻薬を出したいと思っている人は、ラーニングアップを飲んでください。

 

 

勉強とやる気を学習栄養でサポート

【ラーニングアップ】

 

 

このラーニングアップ、脳内麻薬であるドーパミンの生成をサポートしてくれる大変優れたサプリメントです。

 

 

受験生ややる気の湧かない社会人の方にとって大変人気がありますね。私もいつもお世話になっています。

 

 

 

脳内麻薬のドーパミンを出したければ、ドーパミンを出すための栄養素を確保しないといけません。そのための方法論がラーニングアップを飲むことです。

ドーパミンを増やしたい人に向いているムクナ豆

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。

関連ページ

脳内麻薬を増やすのが人生を楽しむ極意
脳内麻薬を増やすのが人生を楽しむ極意になります。脳内麻薬の中でも特に増やしたいのがドーパミンです。
快楽物質の代表格はドーパミン!
快楽物質の代表格はドーパミンです。快楽を得たければドーパミンを増やしてください。
脳は快楽を本能的に求める
脳は快楽を求めます。人間が麻薬やタバコに依存してしまうのも、脳がドーパミンという名の快楽物質を求めた結果です。
脳内麻薬を増やすサプリはこれ!
脳内麻薬を増やしてくれるサプリメントはラーニングアップです! ドーパミンという名の脳内麻薬を増やしてくれます。
快楽物質増加をサポートするサプリはこれ!
快楽物質を増やしてくれるのをサポートしてくれるサプリは、こちらのラーニングアップです。
楽しくなれるサプリはこれ!
楽しくなれるサプリは、こちらのラーニングアップです。